元気に100歳まで生きようぞ

100歳まで書き続けるブログ!

*

卒業検定 小型限定普通二輪免許(AT)

   

なんと、朝からかなりの量の雨が!

降雨の中の教習を受けた日は一日もなかったのと、濡れた路面での一本橋、急制動にちょっと不安も。

特に急制動は、どの程度の強さでブレーキを掛ければ良いのか?制動距離自体は11メートル以内と長くなるのですが…。

あまり不安になっても緊張して失敗するだけなので、雨具を用意して教習所へ足を進めます。

卒検の説明

いままで一度もお会いしたことのない教官が登場!

ちょっと強面です(笑

この日は、小型の私、普通が2人、大型が御一人、合計4名が受験。

そして検定コースは、2つある中、第二段階の「みきわめ」に近いコースとなりました。

もう一つの方は、一度走行しただけだったので、良かったような気もしますが、難易度的には今回のコースの方が上だと個人的には思います。

さらに雨という要素が加わるので、不合格になる確率も上がります。

一通りの説明を受けて、ひと段落です。

スポンサーリンク


卒検スタート

ただ不安になっている間もなく、試験官が2名に増えて、検定スタート!

2名2名に分かれたのですが、小型の私がトップバッターに(汗

最初の直線区間で指定速度40km/h、そこから進路変更して右折です。

でもスロットル全開にしても40km/hに到達するのは、ストレートの半分以上を過ぎたあたり。

教習用のバイクの性能次第になると思うのですが、教習(検定)で使用のバイクだと加速がにぶいので厳しい(汗

しかも途中に急制動用のパイロンが立っていて…。

そして指定速度に到達していないと減点という事だったので、40km/hに拘り過ぎて方向指示器(ウインカー)のタイミングが遅れ、進路変更も右折地点ギリギリ。

ウェットな路面も気になって、ちょっと失敗した感ありでしたが、気にしていても仕方ないので先へと!

続いてS字とクランク。

マニュアルでもないし、コースに対してバイクも大きくないので、余ほどのことが無ければパイロンへの接触や足つきは大丈夫!

ということで難なくクリアー。

次は、急制動。

ウェット路面では初体験なのでどうなるかと思いましたが、雨という事で停止までの距離も長くなっており、緩やかにブレーキを掛けてクリアー!

ドライとは逆に、停止位置までに止まれないよりも急ブレーキでタイヤをロックさせたりして、バランスを崩してしまうほうが怖いかも?!

そして最大のポイントとなるであろう一本橋です。

小型二輪の場合は、技術というよりは落下で不合格決定というプレッシャーが最大の敵ですね。

5秒以上なので無理せずに橋の半分くらいまでは少々スピード重視で進み、余裕があったので後半で時間調整してクリアー!

あとは障害物や踏切などですが、コースを間違わずに進みゴール。

たぶん大丈夫だろうとは思いましたが、合格発表までは気が気ではありませんでした。

そして合格発表!

大型の方1名だけ不合格で、小型の私と普通の2人は合格。

あとは神奈川県警察運転免許センターにいって、新しい免許証を交付してもらえれば、晴れて51cc以上125cc以下のバイク(オートバイ)も乗れるようになります。

 -  小型二輪免許
 -    

  関連記事

no image
指定自動車教習所に入校!(小型限定普通二輪免許)

色々と教習所を調べた中から、自宅から少し離れた教習所に入ろうと思いました。 そこ …

運転免許の種類
神奈川県警察運転免許センターにて小型二輪免許の交付手続き!

卒業検定が終わり、指定自動車教習所の卒業証明書などを頂いたので、さっそく神奈川県 …

no image
教習所情報 原付2種(小型限定普通二輪免許)

無理なく通える範囲の指定自動車教習所をリストアップしてみました。 ※教習料金は2 …

no image
小型限定普通二輪免許 取得への道

最近、原付の運転で疲労感! ちょっとした移動であれば原付でも良いと思うのですが、 …

no image
小型限定普通二輪免許 教習(AT限定)

指定自動車教習所の入校手続きを済ませた約1週間後に、1時限目の教習! その間にも …